赤穂城スタンプの場所は、本丸櫓門と歴史博物館

赤穂城のスタンプ


スポンサーリンク


日本100名城再訪の4城目、赤穂城。

ここのスタンプは本丸の櫓門と赤穂市立歴史博物館の2カ所に設置されています。

赤穂城

赤穂城、忠臣蔵でおなじみ大石内蔵助の居城

2018年5月1日
大石神社

大石神社や歴史博物館、赤穂城の観光いろいろ

2018年5月2日

 入れる時間は16時まで!

スタンプが置いてある本丸門は播州赤穂駅からだいたい2km。

タクシーでも10分・1000円ちょっとで着きます。

 

本丸の公開時間は午前9時~午後4時半(入園は午後4時まで)。

年末年始(12月28日~1月4日)はお休み。料金は無料です。

 

本丸門は二段構え

本丸の門は最初に高麗門があり、入って突き当りを右に行くと櫓門が現れる桝形の構え。

本丸門外側の高麗門

本丸門外側の高麗門。こちらを「二の門」と呼んでいる

これをくぐって進んでいくと…

本丸門内側の櫓門

本丸門内側の櫓門。こちらを「一の門」としている

 

この櫓門の軒下に係員のおじさんが。各種パンフレット等を配っています。

ここでスタンプ登場! おじさんに声をかけると、試し押し用の紙をくれました。

赤穂城のスタンプはインク方式、シャチハタじゃないタイプ…。

赤穂城のスタンプ

赤穂城のスタンプは60番、色は赤だ

 

門をくぐれば、そこは本丸。

内側から見た櫓門

本丸「一の門」、内側から見るとこんな感じ。スタンプは向かって右側の木の机に置いてある

ご覧の通り、門の横に登れるところが用意されています。

土日は櫓の中を公開しているようで、この日は中に入ることができました。

 

赤穂市立歴史博物館は16時半までOK

城のお堀の北東側にある赤穂市立歴史博物館にもスタンプが置いてあります。

「塩と義士の館」は1989年にオープンした 「塩と義士の館」は1989年にオープンした

開館時間は午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)。おとな200円。

水曜日と年末年始(12月28日~1月4日)はお休みなのでご注意!

 

入り口を入った受付のところでグッズを販売しており、ここに赤穂城の100名城スタンプが置いてあります。

スタンプを押したい人はここか本丸櫓門、どちらでもOK! どちらも同じもの。

歴史博物館の入り口はこんな感じ。珍しいことに堂々と灰皿が置いてある

歴史博物館の入り口はこんな感じ。珍しいことに柱の陰に灰皿が置いてある

 

本丸門の方がギリギリ間に合わなかった場合でも、こっちの博物館なら30分長く開いているのでチャンスがあるかも!

 

きょうはここまで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、東京生まれ。コンプリート寸前だった「日本100名城」、30歳にして最初から巡りなおすことに。マスコミで働くかたわら、休みの日にお出かけするのが趣味。いちおう「現場主義」。