【続日本100名城】公式ガイドブックを入手した!

続日本100名城公式ガイドブック


スポンサーリンク


みなさん、お待たせしました! みんな大好き続日本100名城の話題ですよー!

12月29日に発売された続日本100名城の公式ガイドブックを(ようやく)入手!(冒頭写真右)

どんなもんかなー、ちょっと見てみましょうか。

改装中の姫路城

【続日本100名城】スタンプ帳+ガイド本は12月29日発売!

2017年11月29日

日本100名城のものとほぼ同様

前回書いたように、スタンプ帳付きのB5判。冒頭の写真にもあるように、体裁はだいたい一緒

表紙の上のほうに書いてある「日本の文化遺産『城』を見に行こう」が「歩こう」に変わっているのは、ちょいと心憎いですねー。

ちょっと価格が上がった

日本100名城のものは税別1500円、今回のは同1600円。税込みで1575円(当時は消費税が5%だったので)から1728円になりました。

40ページくらいの解説と1城1ページの紹介コーナー。これは両方同じ。

解説の部分は若干マニアックになってる感アリw

100名城のは「城の歴史」「城の見方」といった見出しだったのが、今回はいきなり「要塞の誕生」。そして「山城を歩こう」「天守を見分ける」などと続いていきます。

やっぱり、2冊目として買われることを強く意識しているようです。(そりゃそうか)

安心してください、ついてますよ

パラパラとめくっていくと一瞬「あれ、そういえばスタンプ帳は?」となりますが、ちゃーんと巻末に綴じこまれてますよ。切り離してご利用ください!

巻末に綴じこまれているスタンプ帳

巻末に綴じこまれているスタンプ帳は今後長く付き合うことになる相棒だ。保管には万全を

ミシン目に沿って、慎重に切り離します…。ここでいきなりビリッ!とかやっちゃうとテンションが下がるとかいうレベルではなくなるので…。

…よし、うまくいった!

新旧スタンプ帳

右が新スタンプ帳。大きさは同じだ

むむ…大きさは同じだけど、ちょっと分厚い スタンプ帳が厚くなるって一体どういうことなんだ…?

スタンプ帳の中身

中を開いてみると、1ページ6城から4城に変更されていた

なるほど、メモ欄を充実させてすっきりさせたわけね。これによってページ数は20から30に5割増!

なんだかワクワクしてきますね、新しいスタンプ帳!

肝心の(?)スタンプラリーは4月6日から

ガイドブックの帯に「4月6日(城の日)スタート!!」って書いてある! そうだったのか!w

公式HP
「続日本100名城」のスタンプラリーは平成30年4月6日(城の日)に開始されます。12月22日、横浜で開催された「お城EXPO 2017」の開会式で日本城郭協会が発表いたしました。

お城EXPOかー、行ってみればよかったかなw

ともあれ! 行くべきところがまた増えた!

スタンプ帳とガイド本には、設置場所もしっかり明記してあります。

気になっていた「品川台場」は、潮風公園においてあるとのこと。

(これまたざっくりだけど、おそらく公園事務所でしょうね、ふつうに)

↑実際に行ってみたところ、お台場海浜公園のマリンハウスにも置いてありました。

潮風公園管理事務所、お台場海浜公園内・マリンハウス1階のインフォメーション
どちらもご利用可能です。

海上公園ナビより

品川台場スタンプ

品川台場のスタンプは「マリンハウス」に

2018年6月7日

これがなければ始まらない!

しかしまぁ、スタンプラリーというものはえてしてスタンプ帳がなければ参加できないものです。(当たり前だけど)

ということは、とりあえずこのガイド本、ゲットすべきでしょう! そうでしょう!?

税別1600円、全国の書店でどうぞ!

いやいや、そんな本屋さん近くにないですよ…って方は、ポチるという手もあります!

きょうはここまで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、東京生まれ。コンプリート寸前だった「日本100名城」、30歳にして最初から巡りなおすことに。マスコミで働くかたわら、休みの日にお出かけするのが趣味。いちおう「現場主義」。