水戸城のスタンプ置き場は駅徒歩10分、弘道館に

水戸城スタンプゲット!


スポンサーリンク


日本100名城再訪の1城目として選んだ水戸城。

久々のスタンプラリー、ワクワクのリスタート。

さて肝心の(?)スタンプはというと、弘道館に置いてあるのです。

百名城スタンプ帳

日本100名城、30歳からの再訪

2017年11月7日

 

弘道館までの道順、わかりやすい

水戸駅から弘道館は歩いてすぐ。

水戸駅から520m

水戸駅から500m強。気軽に訪れることができる

 

10分もあればたどり着ける距離。

京成ホテルの横の坂を上ればあっという間です。

京成ホテルと柿の木

柿の実がたくさん。秋を実感させる

弘道館の隣は水戸市立三の丸小学校になっています。

城跡を学校に転用する例は非常に多くみられます。

三の丸交差点

いかにも、といった感のある三の丸交差点

坂を上った突き当たり、三の丸交差点を右に行けばもう到着。

弘道館の正門

弘道館の正門に到着。国の重要文化財だ

 

開館時間は16時半まで。急げ!

僕が行った日はたまたま11月13日「茨城県民の日」だったので、入館無料でした。

この季節(10~2月)の開館時間は9時から16時半まで。わりとギリギリでしたw

(冬場以外は17時まで開館。とはいえ、早めの時間帯に行きましょうw)

茨城県民の日は無料

茨城県民の日は無料。1年に1度の機会だ

チケット売り場で無料観覧券をもらいます。

ありがたいことです!(まぁ、普段も200円で入れるわけですが…)

チケット売り場で係の人に声をかけ、忘れぬうちに日本100名城スタンプをポン!

シャチハタ方式、緑色の印影。

さぁ、城めぐりの再スタート!

水戸城スタンプゲット!

再訪1つ目、水戸城のスタンプナンバーは14番

弘道館は水戸藩の藩校

弘道館は水戸藩9代藩主・徳川斉昭(とくがわ・なりあき、1800~1860)が1841年(天保12年)につくった日本最大の藩校

徳川御三家の一つである水戸徳川家の居城である水戸城・三の丸に設置されました。

現存する水戸城の遺構で最も一般的に見どころがあるのが、この弘道館ということなのでしょう。

日本遺産、文武両道へ鍛錬の場

弘道館は2015年に「近世日本の教育遺産群 ―学ぶ心・礼節の本源―」として日本遺産に登録されました。

時代劇なんかでよく見る剣術などの稽古場が印象的。

時代劇でよく見るやつ

縁側越しに殿様や重臣らが鍛錬を見つめていたのだろう

水戸の光圀公が着手した歴史書「大日本史」の写本からトイレ・浴場まで、当時の学びの様子がわかる展示を存分に。

とはいえ、広大な敷地でもなく、混みあってもいなかったので、30分ほどで見て回れました。

 

スタンプを押したら、あとはごゆっくり城回りをご見学ください!

「尊攘」の掛け軸

水戸城、復元計画が進む街中の城跡

2017年11月18日

きょうはここまで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、東京生まれ。コンプリート寸前だった「日本100名城」、30歳にして最初から巡りなおすことに。マスコミで働くかたわら、休みの日にお出かけするのが趣味。いちおう「現場主義」。