品川台場、都会に現れた草木生い茂る要塞

品川台場


スポンサーリンク


5月のある曇りの日、ゆりかもめ・お台場海浜公園駅に降り立ちました。

続日本100名城めぐりの1城目品川台場に行くためです。

スタンプはお台場海浜公園の案内所にあり、現地まではそこから20分弱歩きます。

品川台場スタンプ

品川台場のスタンプは「マリンハウス」に

2018年6月7日

日本の「バッテリー公園」

スタンプを押したら、お台場海浜公園の反対側へ砂浜に沿って向かっていきます。

お台場の街並みが向こう側に見えるころ、海岸に看板が現れます。

(ちょうどデックスの反対側くらい)

台場公園の案内板。「第三台場」は英語で"No.3 Battery"

案内板の向こうにフジテレビが見える。「第三台場」は英語で”No.3 Battery”

「台場」って、一般名詞としては英語で「Battery」になるらしい…。

辞書で調べたら、実際に砲台のことも指すんだそうで。(知らなかった)

本家はアメリカ?

ニューヨーク・マンハッタン島の南岸に「バッテリー・パーク」というのがあります。

これも台場公園と同じように、沿岸の砲台を公園に転用したもの。

なのでここは「日本のバッテリー公園」ということになるわけですね。

(本家バッテリー・パークの方は、東インド会社とかアメリカ独立戦争とかいうレベルの歴史があります。圧倒的に古い!)

もう少し進むとちょっとした階段があり、それをのぼって台場に「上陸」します。

ペリー来航直後、1853年(嘉永6年)に着工。公園としては1928年に整備された

ペリー来航直後、1853年(嘉永6年)に着工。公園としては1928年に整備された

上級者は「欠番探し」も

台場公園はかつての「第三台場」。現存する台場は、隣の「第六台場」とあわせて2つだけ

1とか2とかも痕跡はあるそうですが、埋立地にのみ込まれたり航路のジャマになって撤去されたりしたとのこと。

興味がある方は調べてみるのも面白いかもしれません。

(たとえば、西側の品川ふ頭には「第五台場交番」があったりします)

向こうに見えるのが西側に位置する「第六台場」。立ち入り禁止だ

向こうに見えるのが西側に位置する「第六台場」。立ち入り禁止だ

なお、これら台場の設計者は韮山代官の江川太郎左衛門英龍

僕はいつだかこの人の名前を目にしていましたw

韮山反射炉

【世界遺産】韮山反射炉で学ぶ幕末の製鉄法

2018年5月19日

戦争遺跡感がすごい

さて、公園内で最もいかにも「台場」なのはこの砲台跡。

砲台とレインボーブリッジ。アナクロっぽいというかなんというか…

砲台跡とレインボーブリッジ。アナクロっぽいというかなんというか…

ですが、これは江戸時代のものではないそうです。

(さっきの案内板に書いてあった)

公園の真ん中は窪地になっていて、当時からの遺跡はおおむねこの窪地にあるようです。

真ん中の窪地と周縁部の高低差がけっこうある

真ん中の窪地と周縁部の高低差がけっこうある

窪地のワナはそこかしこに

窪地の中心にあるプチストーンヘンジみたいなやつは「陣屋跡」

腰かけておにぎりを食べるためのベンチ…ではなく、兵営があったところ

腰かけておにぎりを食べるためのベンチ…ではなく、兵営があったところ

窪地の開けたあたりをしばし散策。というか探索。

30cm級の雑草をかきわけながら歩き、「弾薬庫跡」を発見。

石畳もある、ここがかまど跡。井戸みたいな感じだった

石畳もあるここが弾薬庫跡。右にある円筒の中にも草が生え、大きな花瓶の趣き…

開けた区域をひとしきり歩いた後、木で覆われたところへ進んでいきました。

日の光が入らなくて暗い…。方角も分からないし、突如として迷ったような雰囲気になりますw

道なき道に謎の沼や池…飛んでくる虫やわけのわからない植物。

港区内であることを忘れるくらいの草木の迷宮がそこにはありました…。

風が吹いても草木の音がするだけで、風そのものは入ってこない…。僕が5歳だったら確実に泣いてます。

実はこの日、買ったばかりのGoproの試験運用をしていました。

動画を撮りつつ徘徊していましたが、いつものカメラでは迷いの森の写真を撮ってませんでした。

いつか、迷いの森の動画をつくりたいと思います。えぇ。

(地味にガチで恐怖を感じたのです。…いや、ちょっとだけね)

 にゃんち右往左往
ついに「GoProのある生活」(笑)、ついでにジンバルも買った
https://nyanchi.com/purchased_gopro/
動画で記録を残すにあたって、普段使っている一眼で撮ろうか新しく買おうか考えた末、GoProを買うことにした。 …

暑くても長袖・長ズボン推奨

(よく見えないけど)こんな感じの「弾薬庫跡」がいくつかある

(よく見えないけど)こんな感じの「弾薬庫跡」もいくつかある

防空壕かな? といった趣きの弾薬庫跡。中までは入れないようにしてあるのもちょっと怖い…。

結局は開けたところでも足もとはこの様子。かなりの草っぱら

せっかくのお台場、オシャレして行きたいという気持ちも分からなくはないですが、そこは「城めぐり」。

多少ダサくても適した服装で行くのがスジってもんですw

長袖・長ズボン推奨。デート不適!

夏は暑いと思いますが、草も虫もさらに多いでしょう。コケる可能性もありますw

(正直なところ、夏は行かないほうがいいんじゃないかと思うレベルです)

二条城の券売機

女子必見! オススメのお城&お出かけの心得・初級編

2018年5月19日

品川台場、いちおう寸評

アクセスに関してはもう言うことなし。大都会なんで、ついででもなんでも。

(相当古いけどいちおう)公園として整備されているので、窪地のワナにハマらなければぐるっとまわって気分だけ味わうのもそれはそれで。

天気が良ければそれなりに爽快かもしれませんが、夏場は虫が多くなりそう…。

お台場なんか何十回も行ったことあるわい! という人でも、この台場公園にはなかなか来ないでしょう。(僕もそうでした)

そういう意味では、存在に気付くことができて良かったと思ってます。

ただね…品川台場って城なの? という違和感…いやモヤモヤが完全には消えませんw

第六台場

品川台場は「城」なのか「要塞」なのか問題。結論は…

2018年5月28日
124・品川台場
★★☆☆☆ 潮風吹いて草木も騒ぐ、城とはしらぬ品川台場

晴れてればもう少しオマケしたかもw

こんな方にオススメ

  • 続日本100名城のスタンプ帳を買ったのでとりあえず押したいという人
  • お台場で森林浴? ありよりのあり☆(ゝω・)vキャピという人
  • 要塞なのか城なのか観てみてハッキリさせてやる、という意識高い人

こんな方々にオススメです、はい。

写真はレインボーブリッジから

ここまで歩いてきた人! せっかくなので、レインボーブリッジを歩いて渡ってみましょう。

なかなかいいもんですよ、写真も撮れるし。

僕も台場公園を出たあと「レインボープロムナード」からいろいろ撮影しました。

遊歩道は1.7kmとけっこう距離があるので、体調や天気とも相談しながら、ぜひ挑戦(?)してみてくださいね。

レインボープロムナード

レインボーブリッジを歩いて渡る:遊歩道は台場撮影スポット

2018年6月11日

きょうはここまで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、東京生まれ。コンプリート寸前だった「日本100名城」、30歳にして最初から巡りなおすことに。マスコミで働くかたわら、休みの日にお出かけするのが趣味。いちおう「現場主義」。