続日本100名城のスタンプ、もしかして小さくなった?

品川台場スタンプ


スポンサーリンク


続日本100名城・品川台場(124番)のスタンプを押してみて、まず思ったこと。

なんか小さくない…?

いや、ぱっと見の印象ですけどねw

続日本100名城の1発目で、同じスタンプ帳に比較対象がなく、ただ漠然とそう思ったのです。

そこで、過去のスタンプ帳を引っ張り出して、大きさを比較してみましたw

品川台場スタンプ

品川台場のスタンプは「マリンハウス」に

2018年6月7日

100名城スタンプと並べてみる

再訪を決意する前の、だいたい埋まっている日本100名城スタンプ帳を開いてみる。

比較する対象は十分にありそうだ…!

百名城スタンプ帳

日本100名城、30歳からの再訪

2017年11月7日

スタンプ帳を並べてみた結果!

…やっぱり品川台場、小さいよ。

並べてみると、やはり品川台場の小ささが際立つ

枠の大きさが同じなだけに、品川台場の小ささがより際立つ

いや、小さいからダメというわけではなくて、単に「こんな小さかったっけ?」と思っただけだから他意はないんだけど…w

ただ、過去のスタンプ帳をペラペラとめくっていると、あることに気がつきました。

スタンプの大きさって、けっこうばらついてる。

(いまのいままで認識してなかったw)

多賀城・久保田城は小さく、二本松城・会津若松城は大きく見える

多賀城・久保田城は小さく、二本松城・会津若松城は大きく見える

大きいのと小さいの、実測

というわけで、実際のサイズを測ってみることに。

まずは大きいスタンプさん代表・二本松城。

ちょっと右のほうが浮いてしまったが、37mmくらいだ

ちょっと右のほうが浮いてしまったが、37mmくらいだ

(定規が手近に見当たらなかったので、メジャーで。正確ではない…)

タテも測ってみて、ほぼ同じ(正方形)であることを確認。

続きまして、小さいスタンプさん代表・福山城。

これまたテキトーだけど、だいたい31mmだ

これまたテキトーだけど、だいたい31mmだ

(押し方があんまりだな、これw)

この印影はなぜかタテが32mmくらいあった。ちょい縦長?

ともあれ、二本松城より1辺が6mmほど短い。となると、面積では3割弱小さいことになる。

まさか、ここまでスタンプ間格差があるとは!

実際には、スタンプの疲労やにじみ、紙の状態なんかで微妙にズレは出てるのでしょう。

それでも1辺が30mmを切るような小さなスタンプは100名城にはないように思える…。

品川台場さん、29mm

さて、続日本100名城代表の品川台場さんはどうでしょうか?

(代表といっても、1つだけなんだけど…)

ヨコを測っても、冒頭画像と同じ29mmだ

ヨコを測っても、冒頭画像と同じ29mmだ

ついに現れた、アンダー30級スタンプ!

勝手に「最も小さい(続)日本100名城スタンプ」に認定します!(暫定)

重ねてもう一度、小さいから悪いってわけじゃないよ!(‘ω’)

もしかしたら100名城より大きい子もいるかもしれないし!

(そしたら、スタンプ間格差はさらに広がったってことになるw)

「ニッポン城めぐり」運営ブログさんが続日本100名城スタンプの開発秘話を書いてるけど、大きさの話は出てこなかった…。

どういう基準で決めてるんだろう…?

まぁ、なんというか、また一つ新たな注目点ができたね、みたいなお話?

(他の人から見れば明らかにどうでもいいことだけどw)

…これはあれですな、僕はやっぱり「スタンプラリーが好き」なのです! ということでw

きょうはここまで!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、東京生まれ。コンプリート寸前だった「日本100名城」、30歳にして最初から巡りなおすことに。マスコミで働くかたわら、休みの日にお出かけするのが趣味。いちおう「現場主義」。